完全オンラインのマンツーマン授業無料体験はこちら! Check

まだ早い?そんなことない!中2向け志望校の選び方

夏休みに入り、アオイゼミ内でも中3の方の「受験勉強」や「志望校」というワードがよく出てくるようになりました。

また、中2の方も「夏は受験の天王山」という言葉があるように「夏休みは受験勉強においてとても大事」というのは知っているかと思います。

まだ余裕がある2年生の夏休みに志望校についてどう見定めるべきなのか、AFY(アオイゼミの個別指導)の先生たちに聞いてみました!
さらに志望校だけではなく受験の先にある大学についても、皆さん回答してくれたのでぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

Q1.中2の夏休み、志望校はどう決めたらいいの?

中2で志望校を決めるのは早いですか?という質問を受けることもありますが、早いことはありません。
受験校を最終決定するのは中3ですが、いきたい学校を早めに見ておき、目標を決めておくことはとても大切です。

では、中2の夏休みで志望校を決めておこうと考えた時、どう決めるのが良いのでしょうか?

ー少しレベルの高いところへ(工学部3年AFY講師)

志望校は、今の時点では少しレベルの高いところに設定して良いと思います。
自分が設定した目標よりさらに高いレベルに達することは難しいですし、目標を高めに設定しておく方がモチベーションを高く保って勉強することができると思います。

ー偏差値+10が目安(水産学部4年AFY講師)

まず、志望校の設定については現在の自分の偏差値よりも+10を目安に設定するといいでしょう。
志望校を下げるのは入試直前まで絶対にしてはいけません。
直前までは誰に何と言われようと上を見続けましょう。

私自身、両親、学校や塾の先生から志望校を少し下に設定するように言われましたが、自分の意思を貫き通し第一志望に受かることが出来ました。

ー雰囲気や実際に見て決めよう(文学部2年AFY講師)

志望校は、自分の学力はひとまずおいておいて校風など雰囲気や内容を見て決めるべきです。
どうしてもここがいい!という学校が今はないとしても、なんとなくイメージがいいなというところをひとまず志望校に設定してみて、そこに学力を持っていくのが理想だと思います。

今の学力で合格するというだけの理由で志望校に設定すると、レベルアップの必要がなくなってしまいやる気の低下に繋がりますのでオススメはしません。
いろんな学校の文化祭などに足を運んでみて、学生の様子を観察してみると、学校の特徴が見えてきますよ。

Q2.大学って考えた方がいいの?

高校受験の次は大学受験がありますよね。
高校に入学する前から、大学進学についても考えておいた方が良いのでしょうか?

ー好きなことについて考えてみよう(工学部3年AFY講師)

大学について進む分野や志望校など本格的に詳しく考え始めるのは高校生になってからで遅くはありません。

ですが、今のうちから「自分が何に興味があり、何が好きで、将来どんなことをしてみたいか」を考えておくと良いと思います。
ひとつに絞らなくても構いませんし、ぼんやりしていたり、日が経つにつれて変わっていってももちろん良いです。
なりたい自分を思い浮かべることは勉強のモチベーションにもつながるかと思いますので、皆さんもぜひ一度「自分が好きなこと」について考えてみてくださいね!

ー将来の夢を意識してみよう(水産学部4年AFY講師)

高校の志望校設定の際に、“○○大学に行く!”といった具体的な大学を志望校として高校選びをするのではなく、さらにその先社会に出たときにどのような仕事をしたいのか、将来の夢を意識することをお勧めします。

例えば、将来医者になりたい人は医学部へ進学する必要があります。
そうすると志望校は医学部をはじめとする難関大学へ多く進学者を輩出している高校へ行くほうがいいですね。

しかし、こうはいっても正直将来のことなんて考えにくいと感じるかもしれません。
文系か、理系か、判断できないことも全然あると思います。
さらに、高校で勉強を進める中で今まで全く興味のなかった分野に興味が出てくることもあります。
そうなったときに、より上位の高校に行くことで大学進学の面で将来の選択肢を多く持つことが出来ます。

もし高校選びの時点で妥協をして無難な高校へ行くと、いざ行きたい大学が出てきたときに最悪の場合、 “うちからは無理だよ”と言われかねません。
そのため、高校選びは高みを目指しましょう!

この先大変なことも多々あるとは思いますが、身近な人に頼りながら、感謝の気持ちを忘れず頑張ってください。
影ながら応援しております。

ー将来の夢が決まってないなら今を頑張ろう(文学部2年AFY講師)

大学は、将来やりたいことが決まっているなら、将来に繋がる大学を知っておくとよいかもしれません。

まだ決まっていないというのであれば、まずは目先の生活を怠らないようにすれば進学が見据えられる高校の選択肢も増え、さらにその先の合格できる大学の範囲も広がると思います。

最後に

今回の志望校の選び方・大学のことなど進路に大きく関わる部分は十人十色。
今回のように周りの色んな人の意見を聞きながら自分だったら…?とぜひこの夏休みに考えてみてください。

回答いただいたアオイゼミの個別指導(AFY)の講師の皆さんは普段から個別指導で今回のように勉強の解説だけでなく進路についてなど幅広く生徒の相談に乗っています。

ただいま夏の特別キャンペーンも実施中ですので、ぜひ一度無料の授業体験で勉強のわからない部分や相談などしてみてくださいね!

アオイゼミアプリのダウンロード

アオイゼミ公式ホームページ

アオイゼミウェブサイトトップページへのリンク

Let's share this post!

Author of this article

アオイゼミの個別指導「AoiForYou」で講師をしています!

目次
閉じる