MENU
アオイゼミアプリのダウンロード

アオイゼミ公式ホームページ

アオイゼミウェブサイトトップページへのリンク

レギュラー会員は月額1,078円から動画見放題! Check

定期テストが返ってきたらやるべきこと!

中高生の皆さんは、
各学期ごとに定期テストがありますよね。

受験生になると、中間テスト・期末テスト以外にも、
県模試や実力テスト、判定模試などもあるので、
毎月のようにテストがやってくるということも珍しくありません。

そんなテストですが、実は効率的な勉強を進める上ではとってもありがたい存在なのです。

2週間くらい前からテスト対策をして、勉強漬け。
テストが終わったら部活に専念したり、友達と遊びに行きたい!
そんな気持ちも良くわかります。

でも!
テストが返ってきたら!
気持ちを切り替えてやって欲しいことがあります!

それは、テストの復習です。

そんなのわかってるよ〜
という声が聞こえてきそうですが、
意外とテストの復習がカンペキにできていない人、多いんです。

今回はテストを受けるよりも大事と言っても過言ではない、
テスト後の復習」について書いていきますのでぜひご覧ください!

目次

①解答・解説確認

テストが返却されたら、その日の授業で解答公開と解説をする場合がほとんどだと思います。

テストの点数が良くても悪くても、
解答解説をしっかり聞いて、しっかりメモ
をしてください!

ここを聞いてメモをしておかないと、自分で勉強するときに
「ここの答えなんだっけ…?」「ここはどうやって答えを出すんだっけ?」
となってしまい、復習が進みません。

先生の解説を聞き、メモる!
これだけはきちんとやるようにしましょう。

もし先生の解説を聞いても疑問が残るような問題があったり、
解説をされていない問題で間違えていたら、
先生に直接質問をしにいきましょう。

先生に質問をする力=目上の人に尋ねる力は、
社会人になっても使える力です。
今のうちに先生に質問をしまくって、質問力を身に付けておきましょう!

もし先生に聞けない状況であれば、
お友達や先輩、塾の先生に相談するのも良いです。

返却初日に解答と解説がカンペキに揃っている状態にすることがポイント!

②間違えた問題の分析

ここからが復習の本番です。
復習は基本的に間違えた問題を中心に行っていきます。

【用意するもの】

・返却されたテスト
・テストの解答解説をメモしたもの(もしくは解答解説のプリント)
・復習用のノート
・いつも使っている筆記用具

まずは、自分が間違えた問題を見てみましょう。
どんな問題で、どこを間違えたのかを分析します。

数学であれば、考え方は合っていたのか、使う公式や計算式は合っているか、計算ミスはしていないか
など、間違えたポイントがどこなのかを調べてください。

次に、復習用ノートに問題を書いておきます。
問題文が長い場合は、「テスト名と問題番号」など、自分が問題を見つけられるようにしておけばOKです。

問題を書いたら、間違えた理由や間違えたポイント、覚えるべき内容を書いておきます。
解答の計算式を書いてみて、自分でもう一度解いてみるのも良い復習になりますね。

ここで注意すべきなのは、
きれいにまとめることに時間をかけないこと!

どうして間違えたのか、と今後間違えないために必要なポイントだけ押さえれば良いので、
きれいなノートを作る必要はありません。
自分さえわかるようにかけば問題なしです。

③偶然合っていた問題を見直す

テスト中、「なんか自信はないけど、多分これ…かな…」
と選んだ選択肢が偶然正解だった、という経験ありませんか?

テスト返却時には、「やった!合ってた!ラッキー!」で良いですが、
次に同じ問題が出たとき、自信を持って正解できるようにならないといけません。
せっかくの経験を無駄にしないよう、
「自信はなかったけど、たまたま合っていた」
という問題も復習しておきましょう。

手順は②と同じです。

復習用ノートに問題や問題番号を書き写し、
間違えそうだったポイントや自信を持てなかったポイントを書いておきます。
なぜ自信を持って答えられなかったかというと、多くの場合、
知識があいまい、暗記がしっかりできていない、ということだと思います。

テストを機に、あいまいだった知識や単元内容の理解を深めましょう!

「合っていたところも見直すの?」
と思う人もいるかもしれません。

ですが、同じような問題が入試に出てきたとき、
自信を持って答えられる問題を増やしておきたくないですか?

復習の時間は少し増えるかもしれませんが、
テストごとの復習を丁寧にしていくと、点数も上がっていくはずなので、
次第に復習の時間も短くなっていきます。

今のうちから復習の癖をつけておくことをおすすめしますよ!

④解き直す

ここが一番大事なのですが、ここまでやらない人も多いかもしれません。
間違えた問題をもう一度解き直してみるのです。

アオイゼミ生の中には、
過去の定期テスト問題を先生に印刷してもらい、
もう一度解いている
、という人もいます。

先生からもらえるのであれば、
自分でノートに書く必要もないので時短になりますね!

先生からもらえない場合は、
②と③で復習ノートに書いた問題を解き直しましょう。

できれば、②と③の復習をやった2〜3日後が良いですね。
少し忘れてきた頃に問題を解き直すと、
本当にちゃんと覚えられているのか、
知識が定着しているか、を確認することができます。

もし解き直しをしてできなかった問題があれば、
そこはあなたの苦手になりやすいポイントです。
基礎から復習したり、類題を解いてみたりして、
克服していきましょう。

最後に

テストは解きっぱなしでは意味がありません。

テストは今の実力をはかり、
今の自分に足りない力を見つけてくれるものです。

テストを解いたら、必ず復習をするようにしましょう。
①〜④の流れをルーティンにすれば、
復習の型が身につきますし、
次第に復習を癖づけることが出来ます。

また、復習に時間がかかるということは、
間違えた問題が多いということ。

復習を少なくするためにも、テスト勉強に力を入れるようにしましょう。

テスト対策にテストの復習と、やることがいっぱいで大変かもしれません。
ですが将来、あのときやっておいてよかった、と思う日がきっと来るはず。

今から、効率的にテストを「使って」、その後の勉強も効率的にできるようにしていきましょう!

アオイゼミアプリのダウンロード

アオイゼミ公式ホームページ

アオイゼミウェブサイトトップページへのリンク

Let's share this post!

Author of this article

目次
閉じる