MENU
アオイゼミアプリのダウンロード

アオイゼミ公式ホームページ

アオイゼミウェブサイトトップページへのリンク

レギュラー会員は月額1,078円から動画見放題! Check

【もうすぐ入学式!】準備しておくもの・こと3つ【友達100人できるかな?!】

3月も始まって1週間以上が経ちました。

外に出ると、卒業証書をもった学生もちらほら見かける季節に…

卒業は一つのお別れですが、
別れもあれば出会いもあるのが春。

小学校6年生、中学3年生の皆さんの中には、
4月に新しい出会い…入学式を控えている人も多いのではないでしょうか?

私はどちらかというと、
新しいことや変化に対応するのが苦手なタイプでした…
同じようなタイプの人もいますでしょうか?

今回はそんな人のために、〈入学式のために準備しておくもの・こと〉をご紹介します!
新しい環境への不安を少しでも和らげられたら嬉しいです!

入学式の持ち物は、それぞれ前もって学校から指定があると思います。
基本的にはそれに合わせて持ち物を準備しましょうね!

カバン

小学校まではランドセルを使っていた人も多いのでしょうか?

北海道の小学校に通っていた私は、小学校2年生まではピンク色のランドセルを使っていました。
が、なぜかその学校では徐々にランドセルからリュックに切り替える生徒が多かったので、私も小学校3年生ぐらいからはリュック派に。
その後中学入学後もリュックを愛用していました。

学校によっては指定カバンもあると思います。
その場合は指定のカバンを入学式までに準備しましょうね!

指定カバンがない場合は、カバンの形やデザインも悩みもの…
新中1生だと、ランドセルやリュックと違うスクールバッグの形にも憧れたりしますよね✨

指定カバンがない場合は、いくつかの点に注意して選びましょう。

①容量・形・サイズ
②肩にかかる負担(持ちやすいかどうか)
③素材

容量・形・サイズ

小学校から中学校、中学校から高校に上がると、
教材の多さに驚くことになると思います。

科目が増えればそれだけ教科書や問題集が増えるのは当然で、
荷物もそれだけ増えることが多いです。

そのため、少し大きめでゆとりのあるサイズのカバンを買うことをおすすめします。
「カバンに入りきらなくて課題がもって帰れない!」
なんてことにならないように、注意しましょう!

サイズですが、基本的にはA4のクリアファイルが入るサイズが目安です。
それよりも小さいサイズだと学校からのプリントが折れてしまうので、
A4ファイルが折れないように入れられる形・大きさを選びましょう!

肩にかかる負担(持ちやすいかどうか)

中学生、高校生の荷物はかなり多いと思います。
運動部に入ればジャージは必須でしょうし、
文化部でも吹奏楽部などは楽器が必要です。

そうなれば、教科書以外の荷物も重くなっていきますよね。
できれば肩にかかる負担は軽減させた方が、通学が楽だと思います。

私は高校時代、リュックがあまりにも重く、実際に重さを測ってみたことがあります。
その重さは13kg。
紙の辞書などを持ち歩いていたためです…。

このように、中高生のカバンは10kg前後になることもあるので、
自分の身体に合ったカバンを買うことをおすすめします!

リュックだと両肩に負担が分散しますし、
肩の部分が太めにつくられ、痛くなりにくいようなものもあるので、
ぜひいろいろ試してみてくださいね!

素材

中高生のバッグは重い時には10kg以上になることも…

長ければ3年以上使うことになるバッグですので、
耐久性も着目して選びたいところです。

また、カバン自体が重くなると、全体の重さも増えてしまいますよね。
素材によってカバン本体の重さも変わりますので、チェックしてみてください。

そして、カバンは雨の日も風の日も一緒に通学してくれる相棒です。
雨に弱い素材だと中の教科書までびしょ濡れ…なんてことになりかねません。
撥水性の高い素材だと、天気の悪い日も安心ですね!

筆記用具

こちらは入学式で使う場面は少ないかもしれませんが、
いくつかもっておくと安心な筆記用具を紹介します。

①鉛筆/シャーペンと消しゴム

これはもう皆さん大丈夫ですよね?
今まで使っていたものでOKです。

小学生くらいまでは、場合によってはシャーペン禁止という学校もあるかもしれませんね。
私の小学校もシャーペンが禁止でした。

中学生以上になるとシャーペンを使う人が増えるのはないでしょうか?
書きやすい太さ、持ちやすさで吟味して、使いやすいものを用意しておきましょう!

シャーペンは2〜3本準備しておくのがおすすめ。
何かの拍子にシャーペン本体が壊れてしまっては困りますので、
予備も用意しておくのが良いでしょう。

②油性ペン

ちょっと忘れがちじゃないですか?
でも入学初日は意外と使いどころがあったりします。

新しいテキストや問題集が配られたらすぐに名前を書いておきましょう。

「小学生じゃあるまいし…」
と思っているといつの間にかなくしてしまっているのが学校の不思議。

おうちの人や先生に怒られる前に、
記名はしっかりと!

③色ペンやマーカーペン

こちらも今まで使っていたものでOKです。

初日は重要なプリント類をもらうことも多いはず。
先生の話を聞きつつメモを取り、
忘れそうなところはきちんと色をつけて目立つようにしておきましょう。

特に持ちもの系は忘れることがないように注意!

笑顔

とっても大事なものを最後にご紹介します。

それは笑顔!

入学式は第一印象が決まる場所。
だからこそ緊張するのですが、そんな時こそ笑顔を大切にしてください。

皆さんは「メラビアンの法則」を知っていますか?

人の第一印象は「話の内容・口調・見た目」で決まる、という法則のこと。
見た目の情報が55%、口調による情報が38%、話の内容の情報が7%
の割合で相手に伝わるとされている。

話の内容がいくら面白くても、表情が楽しくなさそうだったり、声のトーンも低かったりすれば、
相手にはうまく伝わりません。

入学式では自己紹介の時間があるかもしれません。
緊張することもあると思いますが、まずは笑顔で、明るく話せばOK!
面白いことを言わないと!とは考えなくて大丈夫です。

明るい表情と明るい声で自己紹介すれば、
きっと周りの人も、あなたを魅力的に感じるはず!

出会いの季節を楽しもう!

春、入学式、
緊張したり、不安になることもあるかもしれませんが、
その思い出さえも愛おしく思える日がきます。

大人になったら入学式はもう味わえないのです。

だからこそ、今からの出会いを心から楽しんでくださいね!

いってらっしゃい!

アオイゼミアプリのダウンロード

アオイゼミ公式ホームページ

アオイゼミウェブサイトトップページへのリンク

Let's share this post!

Author of this article