完全オンラインのマンツーマン授業無料体験はこちら! Check

【子どもから質問されて一瞬詰まるシリーズ】「see」と「watch」と「look」の違いは?

【子どもから質問されて一瞬詰まるシリーズ】

お子さんから質問されてちょっと答えに詰まったこと、ありませんか?
できればスッと答えられると良いですよね。
このシリーズでは、ちょっと聞かれて困ってしまうような勉強の質問を、わかりやすく解説していきます!

〜過去の記事はこちら〜

「見る」は英語で何と言うでしょうか?
「see」「watch」「look」と様々な言い方がありますね。
ではその違いを説明することはできますか?

今回はそんなややこしい単語の使い分けを解説していきます!
なんとなくで覚えてた人はぜひ最後まで読んでみてくださいね!

目次

ポイントは集中力!

「see」と「watch」と「look」を区別するときは集中力に注目しましょう!
使い分けのイメージと一緒に一つずつ確認していきましょう!

seeは軽く見る:集中力50%

seeはあまり集中せずに流し見るようなイメージで使います。

例 I see him in the park.
 (私は公園で彼を見かけます)

このように「視界に入る」「偶然見かける」のようなニュアンスがあります。
また、観光のようにざっくりと景色を楽しむ場合にもseeを使うことがあります。

lookは視線を向ける:集中力70%

lookは意図的に視線を向けて見るようなイメージで使います。

例 Look at this picture.
 (この写真を見てください)

このように「視線を向ける」「ふと意識を向ける」のようなニュアンスがあります。
look は前置詞at と組み合わせて使うことが多いので覚えておきましょう!

watchは動くものを見る:集中力100%

watchは動くものを集中して見るようなイメージで使います。

例 I watch TV.
 (私はテレビを見ます)

このように「意識的に見る」「注視する」のようなニュアンスがあります。
テレビや映画などの映像を見るときや時間経過を観察するときにも使います。

さいごに

同じ「見る」でも意識や場面によって使う単語が違うことがわかりましたね。
英作文で大きく減点されることはあまりありませんが、正しい単語を選べるようにしておくと良いでしょう。
動作の違いを説明できるよう復習してみてくださいね。

アオイゼミアプリのダウンロード

アオイゼミ公式ホームページ

アオイゼミウェブサイトトップページへのリンク

Let's share this post!

Author of this article

インターン生のアバター インターン生 マーケティングG

マーケティンググループでインターンをしている2人です!
主にデータ分析や、その他多種多様な業務を行なっています!
現在大学4年生。数学専攻。

目次
閉じる