完全オンラインのマンツーマン授業無料体験はこちら! Check

【中1・理科】気体の集め方をマスターしよう!【授業動画あり】

今回は気体の集め方について解説していきます!

実は、気体の集め方について学習すると、その気体の特徴もわかってきます。
気体の集め方と気体の特徴を合わせて対策していきましょう!

授業動画での解説つきです!
アオイゼミの授業を見て勉強したい方はぜひご覧くださいね。

まず、気体の集め方3種類について確認しましょう!

1. 水上置換
2. 上方置換
3. 下方置換

1.水上置換

水の中で瓶に気体を集める方法です。

まず、最初に水の中に瓶を沈めます。
次に、瓶の口を下に向け気体が出てくるチューブを差し込みます。
その後、チューブから気体を瓶の中へ入れます。

水上置換のポイントは、水に溶けない性質を持つ気体を集めるときに使う手法です。
酸素がこの方法で集める気体の例となります。

水に溶ける性質をもつ気体では使えないことに注意しましょう。

2.上方置換

空中で瓶に気体を集める方法の一つです。

瓶の口を下に向け、下から気体が出てくるチューブを差し込みます。
その後、チューブから気体を瓶の中へいれ、ふたをすることで気体を集めます。

上方置換のポイントは、空気よりも軽い気体を集めるときに使う手法です。
アンモニアがこの方法で集める気体の例となります。

逆に空気よりも重い気体を集めるときはどうすればいいでしょうか?それが次の方法になります。

3.下方置換

こちらも空中で瓶に気体を集める方法となります。

上方置換とはちがい、瓶の口を上に向けて気体を集めるのが下方置換となります。
下方置換のポイントは、空気よりも重い気体を集めるときに使う手法です。
二酸化炭素はこの方法で気体を集めることができます。


最後に今回の内容を確認しましょう!

気体の集め方気体の性質気体の具体例
水上置換水に溶けにくい酸素
上方置換空気よりも軽いアンモニア
下方置換空気よりも重い二酸化炭素

今回は、気体の集め方について解説しました!
気体の性質と集め方が関連しているところがポイントなのでしっかりと押さえておきましょう!

アオイゼミに会員登録すると、この他の授業動画も視聴できます。
より細かく気体について扱ってるのでチェックしてみてください!

アオイゼミアプリのダウンロード

アオイゼミ公式ホームページ

アオイゼミウェブサイトトップページへのリンク

Let's share this post!

Author of this article

インターン生のアバター インターン生 マーケティングG

マーケティンググループでインターンをしている2人です!
主にデータ分析や、その他多種多様な業務を行なっています!
現在大学4年生。数学専攻。

目次
閉じる