完全オンラインのマンツーマン授業無料体験はこちら! Check

【中1・国語】今のうちに覚えておこう!表現技法の名前【授業動画あり】

中学生になると、国語もレベルアップします。

英語や数学と違い、「新しいことを習う」という感覚があまりないのが国語ですよね。
日本語ネイティブであれば、日常的に使っている言葉ですから無理もありません。

ですが、国語も勉強しないと「解き方」は身に付かず
どうして解けないのかもわからない、という現象が起こるのです。

意外と「いつの間にか成績が下がっていた」「なぜかわからないけれど、点数が取れない!」
となりがちな国語について見ていきます。

今回は特に最初に覚えて欲しい、「表現技法」についてです。
授業動画での解説つき!
アオイゼミの授業を見て勉強したい方はぜひご覧くださいね。

授業動画のフルver.はアオイゼミからご覧いただけます。

表現技法は、改めて見ていくと、日常で触れているものが多いと気がつくはずです。

まずは次の例文を見てみてください。

  1. ラーメン美味しいな、ラーメン美味しいな。
  2. 私は勉強を続けていく、どんな苦痛が伴おうとも。
  3. 体の芯から温まる、おふくろの味。
  4. この公園は広い。そして、綺麗だ。
  5. 私は東へ、君は西へ。

これらはそれぞれ表現法を使っている文章になります。
それではどんな表現技法があるか、見ていきましょう。

【表現技法Ⅰ】

  • 体言止め
    行末や結句を体言(=名詞)で止め、余韻・余情を残す表現。
  • 倒置(法)
    ことばの順序をふつうとは逆にして、強調する表現。
  • 反復(法)
    同じ語句や似た語句を繰り返し、リズムを生み出す表現。
  • 対句(法)
    互いに対応する内容を似たような調子で並べて、語調を整えたり強調したりする表現。
  • 省略(法)
    不要な場合や、余韻を残したい場合に文の一部を省略する表現。

上記の例文は表現技法のどれに当てはまるでしょうか?

答えがわかったら「解答」のタブをクリック(タップ)して、
答え合わせをしてくださいね!

次の例文は何という表現技法を使っているでしょう?

  1. ラーメン美味しいな、ラーメン美味しいな
  2. 私は勉強を続けていく、どんな苦痛が伴おうとも。
  3. 体の芯から温まる、おふくろの味。
  4. この公園は広い。そして、綺麗だ。
  5. 私は東へ、君は西へ

皆さんいかがでしたか?正解できましたか?

では次の表現技法を見ていきましょう!

【表現技法Ⅱ】

  • 比喩
    ものごとをあるものにたとえ、印象を強める表現。

比喩の中にはいくつか種類があります。

  • 直喩
    「〜のようだ」「〜みたい」「〜のごとし」などの語を用いてたとえる。
  • 隠喩(暗喩)
    「〜のようだ」のような語を用いないでたとえる。
  • 擬人法
    人でない者を人であるかのようにたとえる表現。

比喩は無意識に使っていることもあるのではないでしょうか?
また、小説や漫画など、日常で触れている作品からも比喩表現を見つけることができます。

では問題を解いてみましょう!

答えがわかったら「解答」のタブをクリック(タップ)して、
答え合わせをしてくださいね!

次の文章は、比喩表現のうち、「直喩」「隠喩」「擬人法」のどれでしょう?

  1. くまのぬいぐるみが座ってこちらを見ている。
  2. 彼はチーターのように速い。
  3. 彼女の瞳は夜空の星だ。

簡単でしたでしょうか?

これらの表現技法は長文読解でもポイントになってきます。
普段から長文問題に取り組む時は、表現技法に注目しながら読み進めていきましょうね!


アオイゼミアプリのダウンロード

アオイゼミ公式ホームページ

アオイゼミウェブサイトトップページへのリンク

Let's share this post!

Author of this article

目次
閉じる