MENU
アオイゼミアプリのダウンロード

アオイゼミ公式ホームページ

アオイゼミウェブサイトトップページへのリンク

レギュラー会員は月額1,078円から動画見放題! Check

医学部で学ぶこと【大学ってどんなところ?】

こんにちは!

私はとある大学の医学部医学科に通っている5年生です。
葵では、個別指導の講師をしたり、記事の執筆をしています!

今回は「医学部で学ぶこと」について紹介したいと思います。

医学部といえば“お医者さん”や“勉強が大変”といったイメージを持っている人が多いと思います。
もちろん、イメージ通りの部分も大きいのですが、具体的にどんなことをするのかを知れば、
医学部がより身近なものになるのではないでしょうか。

目次

医学部6年間の流れ

はじめに、一般的な医学部6年間の大まかな流れについて話したいと思います。

1年生:一般教養 

他の学部生と一緒に授業を受けます。

英語、第二外国語(ドイツ、フランス、韓国、中国など)、数学、理科、自然科学、理科実験、社会、経済など、
様々な分野を広く学びます。

2年生~3年生前半:基礎医学 

2年生からはついに専門講義が始まります。

ここで多くの大学はキャンパスが変わり、本格的に医学を学び始めます。
肉眼解剖学、生理学、分子生物学、薬理学など、小難しいものばかりですが、
「ヒトの身体でどのようなことが起きているのか」について学びます。

※注釈

肉眼解剖学:実際に手を動かし、自分の目で見て生物体の形態や構造を観察・記述する学問

生理学:生命現象を物理的、化学的手法によって研究する学問

分子生物学:生命現象を、分子遺伝学などを基に、分子レベルで解明しようとする現代生物学の一分野

薬理学:薬物を投与したときに生体に起こる変化を研究する学問

3年生後半~4年生:臨床医学 

基礎医学を基に、臨床の現場で実際に扱う疾患を学びます。
検査、診断、治療、合併症などから、その疾患が発生する機序まで深く学びます。

5年生~6年生:病院実習 

白衣を着て病院に出て、医療の現場に入ります。
実際に目の前で患者さんに触れ、4年生までの座学で学んだ知識を生きたものにしていきます。

医学部生の実習

私は5年生なので、日々病院実習をしています。

COVID-19の影響で例年通りの実習はできていませんが、
先輩方から伺った例年のお話をしようと思います。

5年生は、20数個ある診療科(内科、外科、救急科、麻酔科、眼科、耳鼻科、皮膚科、放射線科、精神科…など)を2週間ずつ1年間かけて回ります。

内容は各診療科によって異なりますが、大多数の診療科は朝カンファレンスに出席し、先生方のプレゼンを聞きます。
その後、それぞれ担当の先生につき、先生の業務(外来診察、病棟回診、オペなど)を見学します。

2週間の最後には自分が学んだ内容や与えられたテーマに沿ったプレゼンを行い、
教授先生や諸先生方にご指導して頂きます。

6年生は、興味のある診療科を2~4つほど6週間ずつ回ります。
5年生の実習よりも長いので、深く学ぶことができます。
ここで将来希望する診療科を決める人もいます。

最後に

医学部は他の学部に比べて授業も試験も多く、
大変だな~と感じることも多いですが、
部活やバイト等を通して縦、横のつながりが深いのも医学部の特徴だと思います。

多くの仲間と切磋琢磨して、医師を目指す。そんな医学部に入ってみませんか??

アオイゼミアプリのダウンロード

アオイゼミ公式ホームページ

アオイゼミウェブサイトトップページへのリンク

Let's share this post!

Author of this article

目次
閉じる