完全オンラインのマンツーマン授業無料体験はこちら! Check

日本文化学科で学ぶこと【大学ってどんなところ?】

こんにちは!

私はとある大学の国際系の学部に通う4年生です。
国際系の学部といっても、 私はその中の日本文化学科で日本の伝統文化について学んでいます。
今日は、私の通う日本文化学科についてご紹介します!

目次

国際文化交流学部

国際系の学部学科は、国際学部や国際関係学部、国際教養学部など、いろいろな名前で存在しますよね。
国際文化交流学部とは、日本や海外の文化を通じて国際理解を深めていく、という国際系の学部です。

日本文化学科で学ぶこと

この学科で学ぶ日本の伝統文化とは、例えば花・茶・書・舞踊・演劇・邦楽・染色などです。

また、日本の文化政策をはじめ、日本の言葉や文学・思想の歴史、日本の生活文化や社会制度の特徴、そして日本人論そのものをテーマにした科目もあります。

まず、日本文化学科で4年間を通して必ず履修しなければいけない科目を紹介します。

  • 英語2種類
  • 情報処理
  • 日本語表現法

これらの授業では、発信力を身につけます。
日本の文化の特質について、世界の人々に説明できるように、英語をはじめとした外国語と日本語表現法や情報処理を学ぶのです。

ちなみに…
他大学・他学部でも、必修科目・必修授業というものが大抵設定されていると思います。
必修科目は、単位を取らないと留年したり、卒業できなかったりするので要注意。
自分の時間割を組む時や履修を組み立てるときは必修科目を落とさないように気をつけましょう。
普段の授業もテストも大切にしてくださいね!

この他に、
1, 2年生は【基礎演習】を履修し、
3, 4年生は【ゼミ】に所属します。

日本文化学科では、4つのフィールドから日本文化を捉え、その伝統と特質について世界に向けて発信する能力を培います。

  • 民俗・歴史…暮らしの中の信仰や、衣食住から日本史、歴史資料など
  • 文学・芸術・思想…過去と現在の芸術から神話、思想、文学など
  • 現代社会…メディアやファッションから、家族や環境など
  • 比較文化…文学、芸術、民俗、社会、嗜好、生活などの様々な側面から文化を比較する分野

また、基礎演習やゼミで選択できる分野は、主に以下の4つに分かれます。

  • 民族・歴史
  • 日本語・日本文学
  • 芸術文化・アートマネジメント
  • 現代文化

上記で紹介した必修科目(英語/情報/日本語表現法/基礎演/ゼミ)以外に、学科を越えて学ぶことのできる他学科の専門科目や、学部で共通の教養科目(法律系・心理学系・経済系・体育など)もあり、自由に履修できます。

このように、大学には自分が所属する学部学科の授業だけでなく、他学部他学科の授業を幅広く履修できる仕組みがあります。もちろん各大学によって履修できる幅は異なりますが、「色々なことに興味があって学部を絞れない!」という人は、学部学科の枠を超えて様々な授業を履修できる大学を選ぶのも良いですね。

私たちの大学の特徴でもあり人気な授業は、華道、茶道、書道、香道、有職故実などの伝統文化演習です。
これらは、日本の伝統文化について実習をおこなう授業で、他の大学と比べても珍しいかもしれません。
実際に体験をすることで、これらの日本文化をより正確に身につけ、理解することができます。

印象的だった授業

私にとって特に印象的だった授業は、有職故実です。

日本の伝統文化である十二単の着装(「着付け」とは言いません)を学ぶ授業です。
実際に宮廷でも採用されている流派を学びます!

装束の細部まで名称を覚えることから始まり、袴、単(ひとえ)、袿(うちき)…と各衣装の着装を順番に教わります。

3人1組のグループになって、1人は十二単を着る人、もう2人は前と後ろで十二単を着装します。
毎週この役を交代して、全員が着装の手順を覚え、最後はテスト!実際に着装の様子を先生に見てもらいます。

私は今まで大学で、茶道・華道・書道・香道などの伝統文化演習も履修してきましたが、有職故実の授業が一番厳しかったです。
それぞれどの授業も流派の先生方が指導してくださるのですが、有職故実は「授業」というより「お稽古」でした。

十二単の着装はもちろん、和室の入り方から言葉の使い方まで正され、始めは履修したことを悔やみましたが、最後までやり遂げたあとは取って良かったと思えました。
大学で日本文化を学ぶようになって、昔の日本人の教養の高さに驚きましたね。

ちなみに、床の間には、その季節や時期に因んだお花や掛け軸が飾られています。
その風情を理解するには、華道や書道の教養は必須ですよね。
そして、その和室では、高価な衣裳を着て、茶道や香道が行われるのです。
同じ日本なのに、現代とはかけ離れた世界の文化を学んでいるようで、その文化を体験できたことで自分の教養の幅が広がったと感じています。

まとめ

いかがでしたか?
学科の特徴としては、美術館や博物館などの展覧会や舞台に足を運び理解を深める授業が多い気がします。

ちなみに、今まで私が授業のために行ったことがあるのは、
彫刻展、染色展、着物の展覧会、箏曲家の博物館、芸大の博物館、花展、能、狂言、日本舞踊、落語、日本庭園、などです。
幅広い「日本文化」を様々な角度から、自身の興味に合わせて自由に選んで学べます。
日本の文化に興味があり、実践的に学びたい人にはオススメです!

アオイゼミアプリのダウンロード

アオイゼミ公式ホームページ

アオイゼミウェブサイトトップページへのリンク

Let's share this post!

Author of this article

インターン生のアバター インターン生 マーケティングG

マーケティンググループでインターンをしている2人です!
主にデータ分析や、その他多種多様な業務を行なっています!
現在大学4年生。数学専攻。

目次
閉じる