完全オンラインのマンツーマン授業無料体験はこちら! Check

【高校・英語】助動詞canの応用的な用法を覚えよう!【授業動画あり】

今回はcanの新しい意味について確認していきましょう!
授業動画での解説つきです!
アオイゼミの授業を見て勉強したい方はぜひご覧くださいね。

さて、中学ではcanを「出来る」という意味で習いましたね。
しかし高校ではその他の意味のcanも出てきます!

まずは次の例文を訳してみましょう!

例文
This plant can grow in cold areas.

実はこの文は
「この植物は寒い地域で育つことが一般的にありうる」
と訳します!
このときcanは「一般的にありうる/可能性がある」という風に訳します。

次に否定文をみていきましょう!

例文
His story can’t be true.
(彼の話が真実であることはあり得ない)

can’tは「あり得ない/可能性がない」と訳すことがあります。
canは「可能」のほかに「可能性」の意味を含んでいると覚えておきましょう!

それでは実際に問題を解いてみましょう!
解き終わったら「解答・解説」のタブをクリック(タップ)して、
答え合わせをしてくださいね!

次の文章を日本語に訳しなさい

(1)Anybody can make a mistake.
(2)The rumor can’t be true.

訳せたでしょうか?

同じ単語でも複数の意味がある単語は他にもあります。
文脈によって使い分けられるようにしましょう!

アオイゼミに会員登録すると、この他の授業動画も視聴できます。
どのような問題が出ても解答できるように演習しましょうね!

アオイゼミアプリのダウンロード

アオイゼミ公式ホームページ

アオイゼミウェブサイトトップページへのリンク

Let's share this post!

Author of this article

インターン生のアバター インターン生 マーケティングG

マーケティンググループでインターンをしている2人です!
主にデータ分析や、その他多種多様な業務を行なっています!
現在大学4年生。数学専攻。

目次
閉じる